睡眠と姿勢の関係性

前回は、

健康を維持できる身体作りをする為には

質のいい睡眠をとる事が大事という事

その質のいい睡眠をとる為には、

自律神経が

正常に機能していなければならない事。

その為に

身体の構造

《姿勢・お身体の歪み》が

大きく関わってくるという事を

お話させていただきました。

 

 

【睡眠の質のチェック】

++++++++++++++++++++++

布団に入って30分以上経っても眠れない…

夜中に何度も目が覚める…

起床予定時間もしくは、

通常の2時間以上前に目が覚めてしまい、

その後寝れない…

眠りが浅く、睡眠時間が取れたわりに

熟睡した感じが得られない…

++++++++++++++++++++++

 

 

当てはまる項目はありましたか?

 

こちらに当てはまる方は、

残念ながら質のいい睡眠が

とれていない可能性があります。

 

「じゃぁ、どうしたら質のいい睡眠がとれるの?」

「枕やマットレスなどの寝具を変えたら質のいい睡眠とれる?」

「アロマの香りを嗅いだらいいですか?」

 

という質問が来そうですね。

※よくある質問です。

 

どんなに高価ないい寝具に変えたとしても

その場凌ぎにしかなりません。

 

 

原因は・・・

身体の構造の崩れ《=ゆがみ》です。

 

【質のいい睡眠をとる為の説明】

神経は、背骨の中のトンネルを通って存在します。その背骨(=構造)が歪むことにより神経の圧迫が起きます。

神経が圧迫されると、神経の機能が低下します。

神経の機能が低下すると何が起こるか・・・

力を抜いているはずなのに力が抜けない。

リラックスしたいのにリラックスできていない。

そうすると何が起こるか?

「目がさえてしまい寝付きにくい」

「なぜか途中で目が覚めてしまう」

「起きようとした時間より早く目が覚めてしまう」

などの不眠症状が出てきます。

それだけに限らず、

人は睡眠をとっている間に脳や身体を回復させます。

ということは、神経の機能が低下すると

身体がうまく回復できず蓄積が始まり、

不調が症状として出てきます。

 

なので、

質のいい睡眠をとる為には

まず!

神経の機能を回復する為に

構造を整える必要があります!!

 

私が治療現場で患者様を診させていただいてきて

悪気はないのはわかっていますが、

自分自身を変えずに周りの環境を

変えようとする方が多く見受けられます。

健康になりたいと読んでくださっている方の為に

ハッキリお伝えさせていただきます。

ご自身のお身体と真剣に向き合ってください。

それをしない限り、健康になるのは難しいです。

最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございます。

また明日もお身体の原理原則にのっとった

健康に対する情報発信をしていきます。

少しでも皆様の健康になる為の

お手伝いが出来ればと思います。

 

 

 

 

*******************

つくば市で唯一、

医学的・科学的根拠のある

問診/検査/説明を行い、

睡眠の質を改善し

健康予防ができる整体院

患者様のを家族と同様にとらえ

患者様の人生を診る治療家

⭐どこに行っても良くならない

⭐原因不明

⭐本当に健康になりたい方

私たちは、毎日こういった方を

健康にする手助けをさせていただいております

お困りの方はご相談ください

*******************

 

筋肉・骨格・神経の3つの方向から

免疫力にトリプルアプローチ

 

【M式トリプルアプローチ】

で検索して下さい✨

 

いろどり整体院

〒305-0816

茨城県つくば市学園の森3丁目10-1

☎029-896-7868

でのご相談も承っております。